親心

小森です。どうも

 

数年前の話になりますが、小惑星探査機『はやぶさ』のドキュメンタリーを見ました。

はやぶさについて研究者、いわゆる生みの親ですよね。

熱く語るんです。非常に熱く。

まるで自分の子供のように。

 

はやぶさを作った人たちにとって、はやぶさはまさに自分の子どもそのものなんですよね。

自分の想いをはやぶさに託した研究者たち。

そのドキュメンタリーを見て涙したのは記憶に新しいです。

 

 

そして今日の話になりますが、とある革屋さんの展示会に行ってきました。

革の展示会は初めてだったんですが、ズラーーーーーーーーッツと並んだ革、革、革!!!

かっこよかったです。思わずうっとりしてしまいました。

革を見ているとふと思った事が。

革ひとつひとつに名前がついているんですよね。少し変わっている名前もちらほら。

 

革屋さんに、革の名前は誰がつけているんですか?と質問したところ、驚きの答えが返ってきました。

 

タンナーさんが名前をつけているそうです。

それも洒落てる名前を。

 

まさに親心ですよね。

自分の生み出した作品の表現?売り出し方?

なんですかね。

感動してしまいました。

そのときふと、数年前に見たはやぶさのドキュメンタリーを思い出したわけで…

 

まとまりの無い文章になってしまいましたが、

ひとつの革が出来るまでにもたくさんのストーリーがあるということをどうしても伝えたかったわけで…

 

僕もその作る側に立った以上、そんな気持ちを忘れず、強く持ち続けていきたいと

今日思ったわけでした。

 

 

長くなりましたが本日はここまでで!

てやんでぃ!!(江戸っ子)

 

こもを